Wi-Fi

今更だけど、Wi-Fi?の基礎知識編【おいしいの?】

プロフィール

  電気設備資材の商社に勤務。

★Wi-Fiとは?有線LANが無線化されたもの

Wi-Fiの読み方:わいふぁい

Wi-Fi:LAN(読み方:らん、従来の有線インターネット回線)が無線化されたものです。

LAN(らん)には、無線と有線があり、無線の方を無線LAN(=Wi-Fi)と言います。

無線LAN=Wi-Fi:普及している無線LANのほとんどが「Wi-Fi」なので、無線LANとWi-Fiはイコールと思ってもらって良いです。

→普及しているのが通信技術:IEEE802.11シリーズ

Wi-Fiと光回線でネットがつながるまでの図解

インターネットサービスプロバイダー(ISP)を経由して、お客様に「インターネット」が提供されるため、ISPによって、提供される通信速度が違いが出ます。

★IEEE802.11シリーズの紹介

Wi-Fi(IEEE802.11シリーズ)の通信規格と最大速度
IEEEE802.11  2.4GHz
2Mbps
IEEEE802.11a  5GHz
54Mbps
IEEEE802.11b  2.4GHz
11Mbps
IEEEE802.11g  2.4GHz
54Mbps
IEEEE802.11n  2.4/5GHz
理論値 72.2~600Mbps
IEEEE802.11ac  5GHz
理論値 433.3~6930Mbps
IEEEE802.11ax  2.4/5GHz
理論値 1200~9600Mbps

※bps(ビット毎秒、bit per second):1秒間に送受信できるデータ量。

理論値であるため、実際の平均通信速度とは異なります。光回線を契約することで初めて、Wi-Fiの通信規格のシリーズ上位の活躍できます。

平均通信速度
(bps)
下り(受信)
平均速度
上り(送信)
平均速度
光回線約225M
(4.5 / 5.0)
約200M
(4.0 / 5.0)
携帯大手キャリア約45M
(3.0 / 5.0)
約15M
(2.0 / 5.0)
格安SIM約30M
(2.5 / 5.0)
約10M
(2.0 / 5.0)
モバイルルーター約25M
(2.5 / 5.0)
約8M
(2.0 / 5.0)

MIMO(まいも)・チャンネルボンディング

最大通信速度に幅がある理由は、チャンネルボンディングと呼ばれる「MIMO(まいも)」などの通信技術を用いて、通信速度の高速化を図っているためです。

チャンネルボンディング(MIMO)は、2つの無線チャンネルを束ねて1つのチャンネルとみなして、通信速度を(理論上)2倍に高速化する技術です。

上図のように、2つの無線チャネル(例:50Mbps)を束ねて、イメージとして1本の太い無線チャネル(理論値・100Mbps)での通信が可能となります。

しかし、Wi-Fiを使う人が増えれば、無線チャネルを束ねて、太い無線チャネルを飛ばして、高速通信を難しくなることもあります。

下図のように、Wi-Fiルーターの余裕がなくなり、全て50Mbpsの通信速度になることも十分にあり得ます。

※同時に接続できるアンテナの数は、おおよそ価格に比例します。なので、安価な製品はすぐ同時接続数がいっぱいになってしまいます。

★IPv4 over IPv6

IPv6接続サービス

通信(回線)事業者を通さずに、

インターネットサービスプロバイダー(ISP)を介して直接インターネットに接続できる仕組みです。(=IPoE=V6プラス)

現在利用する人が少ないため、従来のIPv4と比較して、通信速度が高い傾向にあります。

★IPv4 over IPv6

「IPv6接続サービス」の良さが分かったところで、

実は、IPv6網を利用したインターネット接続サービスは、技術的な互換性からそのまま従来のIPv4網に接続できません

なので、「★IPv4 over IPv6」で、両方接続できるようにしておくことが一般的です!

PPPoE

インターネットサービスプロバイダー(ISP)の回線をネットワーク回線終端装置(ケーブルモデム)を用いて接続しています。

通信量が増加すると、接続途中のネットワーク回線終端装置(ケーブルモデム)が混雑して、通信速度が低下します。

Wi-Fi固定回線スマホの
4G・5G回線
通信規格無線化LAN移動通信システム
電波到達範囲約25m約1,000m

Wi-FiとBluetoothの違い

Wi-FiとBluetoothは無線通信技術という点では一緒だが、違う技術です。

BluetoothWi-Fiより消費電力は少なく、Wi-Fiより最大転送速度は遅い

Wi-FiBluetooth
無線通信技術IEEE802.11
シリーズ
IEEE802.15.1
消費電力  
最大転送速度  

Wi-Fi設置に必要なもの

※パソコンなどにWi-Fiに対応していない場合は、「Wi-Fiアダプター」という機械を別途購入する必要(約2,000円~)があります。

→ただし、劣悪なパソコンでなければ、Wi-Fiに対応しています。

私がおすすめするパソコンは↓こちら↓です。

訳も分からず、ポンコツ!パソコンを選ばないための爆速PC網羅型入門編

本体1台

=アンテナ内蔵型Wi-Fiルーター

※アンテナ外付け型と電波の強度はほぼ変わりません

本体ルーター1台に内蔵されている機能とは?

回線終端装置(ケーブルモデム)+Wi-Fiルーター

両方、セットされています。

→そのため、本体を電源に差し込むだけで、インターネットが使えます。

本体1台+アンテナ

=アンテナ外付け型Wi-Fiルーター

通信距離が遠くて、電波を飛ばしたい方向に向けて、電波を飛ばしたい場合に活躍

Wi-Fiは有線でつないだ方が速くなるの?

現在は、Wi-Fi=無線通信が発達しているために、それほど変わりません。

ホームルーター+スマホのテザリング機能で大抵の通信制限解決!

休日に連続で、何十時間も動画を見ると、通信制限が急ににかかります。

土日休みの方が、何十時間も見ると、休み明けの平日から通信制限がかかります。

https://www.wi-fi-room.com/holiday-communication-restriction-message/

また、2日ぐらい経つと治りますが、

それまでは、スマホのテザリング機能を活用しましょう!

テザリング機能の使い方

iPhone

設定→インターネット共有→ほかの人の接続を許可→使用したい端末で、携帯に表示されたパスワードを入力して使用する

Android

設定→テザリング→Wi-FiテザリングをON→使用したい端末で、携帯に表示されたパスワードを入力して使用する

↓下の動画で、テザリングの使い方の説明は、4分18秒ぐらいから始まります。

ホームルーターの接続台数の限界は、十数台が限界

現在のホームルーターの接続台数は、40台可能というものもありますが、理論上の数値ですし、通信速度が遅くならないとは言い切れません。

そのため、40台つなぐことができるというのは、理論上の数値でしかなく、現実的ではありません。

インターネットの黎明(れいめい)期~光回線★増加

パソコンの出現

↓↓↓

インターネット回線の普及

↓↓↓

無線LANの出現(黎明期)

★ 年 月

 無線LAN発売

★ 年 月

 問題点:

 ①同じ技術が採用されているにもかかわらず、他社製品との相互接続が保証されずに、うまく使用できないことが多々ありました。

 ②自社製品と自社製品の相互接続でも、新製品と旧製品との間の接続に問題がありました。

↓↓↓

Wi-Fiの確立

↓↓↓

○○Wi-Fiの事件

↓↓↓

Wi-Fi(無線LAN)の普及

↓↓↓

光回線の使用者増加

本日も最後まで読んでいただき、

コンセントに挿すだけでOK!すぐ届く
Broad WiMAX
コンセントに挿すだけでOK!すぐ届く
Broad WiMAX